工作機械の歴史と世界の工作機械産業

工作機械の歴史

工作機械の起源は古代エジプトまで辿ることができますが、近代的な工業生産財としての工作機械は、産業革命の推進力となった蒸気機関や紡績機械を製造する必要性から、1770年代にイギリスで発明され、18 世紀末以降、欧米各国で特色ある工作機械が次々と開発されるようになりました。今日見られる工作機械のほとんどは、19世紀後半までにその基礎が築かれたものです。

このように機械の性能は、産業の発達につれて年々向上しましたが、工作機械を用いて精度良く加工するには、長い修練を積んでノウハウを体得した熟練工の存在が不可欠でした。しかし、倣い装置やカムを用いた自動加工技術の開発により同一部品の大量生産が可能となったこと、さらにNC(数値制御)工作機械の出現により異品種大量生産さえも可能になるとともに、機械性能が熟練工の技術をある程度まで補完できるようになったことから、1970 年代以降工作機械の生産も大きく増加しました。

工作機械の需要は発展途上地域を中心にこれからも広まってゆくと見込まれていますが、今後は加工精度やスピードの向上、操作性の追及だけでなく、環境への影響やオペレータの安全確保、エネルギー問題などに配慮した機械作りにも大きな期待が寄せられており、「マザーマシン」としての重要性は、新たな角度から再認識されつつあります。

世界の工作機械産業

アメリカ

自動車産業が大量生産を始めた1930年代から本格的な発展を遂げ、第2次大戦で疲弊した欧州を抜き去り、世界のリーダーに登り詰めました。いち早く到来した大衆消費社会を背景に”もの”の生産が増大した一方で、1950年代初期にNC工作機械を初めて開発するなど、消費、生産、技術のあらゆる分野で隆盛を誇ったアメリカの工作機械産業ですが、民生品市場向けNC工作機械の普及では 日本や欧州に遅れをとり、競争力を失ってしまいました。しかし、宇宙・航空機分野で用いる超精密加工機などに関しては、依然として高い技術力、競争力を有しています。 

欧州

今日、欧州の勢威、競争力は 18・19 世紀のように絶対的ではありませんが、技術水準は依然として高く、巨大な統一市場を強固な基盤として、近年再びその存在感を強めつつあります。

特にドイツ勢には、高度な技術と伝統に裏打ちされたブランド力を持つ優れたメーカが多く、日本のライバル的存在です。イタリア、スイスなどでは、ユーザ産業のニーズを捉えた個性的な工作機械が多数生産されています。 

東アジア

中国は、近年高い経済成長を続けており、現在工作機械需要が最も高い国です。自ら生産する工作機械の技術レベル面では未だ先進国と差があるものの、欧米の工作機械メーカを積極的に買収するなど、技術面でも急速に向上しつつあり、生産額は2009年から7年連続で世界1位となりました。

また、韓国・台湾は、日本をモデルケースとして、1980年代から製造業が発展しました。近年は、工作機械の技術水準も著しく向上し、生産額でも常に上位にランクインしております。

ページ先頭へ

Copyright (c) 日本工作機械工業会 All rights reserved.