ましんつ~るまがじん~vol.204~

_/_/_/_/ I N D E X _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 ・今日のコラム………… IMTS2016 結果報告

 ・統計更新情報………… 2016年9月次受注短観発表

・最新情報……………… 【愛知県より】「愛知県産業立地セミナー201
             6IN東京」の参加者を募集します

 ・編集後記……………… 35歳からの上達(T)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ 今日のコラム
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

○IMTS2016 結果報告

 去る9月12日(月)から17日(土)までの6日間、アメリカ・シカゴ市
にて、IMTS2016が開催されました。今回は開催結果の概要について、
お知らせします。

 今回の展示会は、エネルギー産業、自動車産業、航空機産業等、米国製造業
の設備投資に弱さが見られる中での開催となりましたが、展示面積、出展者数
共に前回の2014年を上回る規模となり、来場者数もIMTS史上最高レベ
ルの115,612名の登録を記録する等、活況に満ちた展示会となりました。

 展示物は、各社ともに、ロボットや各種ローダーを活用した自動化対応が前
面に押し出され、会場全体で大変多くの展示が見られました。また、IoTを
活用したスマートなモノづくりについては、その実現に必要となるセンシング
技術の開発が進展中で、企業内の各レベル(機械・工場・会社)に応じた高度
な情報処理により、モノづくりの“見える化”を推進する向きがありました。

さらに、Additive Manufacturingについても前回より大きく展示規模が拡大し、
自由形状をロボットによって積層造形で創製する事例に加え、積層造形で製作
された自動車・家までが展示されていました。

 日工会は、国際インフォメーションセンターにブースを設置したほか、内外
報道関係者等を対象に記者会見(Japan Day)を開催し、我が国工作
機械産業について情報提供を行うとともに、翌々月に迫ったJIMTOF・T
okyo2016の来場誘致活動を行いました。また、海外工業会と相互に情
報交換を行いました。

 前回に引き続き、日本メーカの力強さを大いに感じることができる展示会で
した。IMTSを機に、米国向け受注もしばらくの間、堅調に推移するものと
期待されます。

【展示会概要】
○名  称 : IMTS2016(International Manufacturing Technology Show)

○会  期 : 2016年9月12日(月)~17日(土)

○場  所 : 米国・イリノイ州シカゴ市 McCormick Place展示場

○主  催 : 米国製造技術工業協会(AMT)

○展示会場 : 約248,000平米(東京ビッグサイトの約2.5倍)

○展示面積 : 約120,774平米(JIMTOF・Tokyo2016の約2.4倍)

○出展者数 : 2,375社(前回展2,035社)

○日工会会員企業の出展者数 : 46社
  

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ 統計更新情報
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

○2016年9月次受注短観発表(2016年9月29日15時公表)

《工作機械統計ページ》
 http://www.jmtba.or.jp/machine/data

  1、業況に関する判断(DI)
   (a)会社全体の業況    足元  1.4(+5.6)  翌月 △4.2
   (b)工作機械事業の業況  足元 △1.4(+5.6)  翌月 △7.0

  2、工作機械受注の先行き予測に関する判断(DI)
   (c)受注総額の水準    足元 △9.9(+12.6)  翌月 △7.0
   (d)受注内需の水準    足元 △5.6(+14.1)  翌月 △2.8
   (e)受注外需の水準    足元 △14.5(±0.0)  翌月 △17.4

  3、受注内需業種別の水準(DI)
   (f)一般機械向けの受注水準  翌月 △12.7(△12.7)
   (g)自動車向けの受注水準   翌月 △9.0(△9.0)
   (h)電気・精密向けの受注水準 翌月 △8.6(+2.8)

  4、受注外需地域別の水準(DI)
   (i)アジア向けの受注水準   翌月 △14.5(△10.2)
   (j)欧州向けの受注水準    翌月  0.0(±0.0)
   (k)北米向けの受注水準    翌月 △9.5(+1.4)

(ひとこと)
  9月の受注短観を見ますと、足元の業況判断は前月から全社、工作機械事
 業ともに改善しましたが、工作機械事業は2カ月連続で「悪い」超となりま
 した。翌月は再び低下する見込みで、為替動向など市場環境は厳しさが感じ
 られます。
  そうした中、受注状況について見ますと、足元は受注総額、内外需すべて
 で「減少」超となりました。9月は、年度半期の決算月ではありますが、受
 注状況は内外需共に伸び悩む可能性があります。
  内需では、円高に加え、JIMTOF前であることや、平成28年度の2
 次補正予算の「ものづくり補助金」により、一部に買い控えの動きも見られ
 つつあるようです。
  外需では、全体的に市況が芳しくなく、どの地域も伸び悩んでいます。中
 国では、引合いはあるものの、資金難による決定の遅れが見られるほか、国
 慶節も控えているため、伸びは期待できない状況です。北米は、9月のIM
 TSでの引合を確実に受注に繋げられるかが、カギとなりそうです。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ 最新情報
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

----------------------------
【愛知県より】「愛知県産業立地セミナー2016IN東京」
       の参加者を募集します!
----------------------------

 愛知県では、首都圏企業等の皆様に、愛知県の優れた交通インフラ、厚い産
業集積等の立地環境や、立地優遇施策等をご紹介する
「愛知県産業立地セミナー2016IN東京」を開催します。

〔日 時〕 平成28年11月21日(月) 16:00~18:00

○セミナー 16:00~
・愛知の魅力と県の産業施策のご紹介
  愛知県知事 大村秀章

・講演 「未来のクルマ社会実現に向けて」 
  株式会社デンソー 取締役副社長 山中康司 氏

・愛知県内市長による各市の紹介

○交流会 17:05~
〔場 所〕 グランドプリンスホテル新高輪 国際館パミール 香雲・翠雲
     (東京都港区高輪3-13-1)

〔定 員〕 200名

〔詳 細〕 http://www.pref.aichi.jp/soshiki/ricchitsusho/tokyo2016.html

〔問合せ〕 愛知県産業労働部産業立地通商課(松田、別当、石橋)
      tel:052-954-6342
      fax:052-961-7693
      E-mail:ricchitsusho@pref.aichi.lg.jp

 

■ 編 集 後 記 ━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………

○35歳からの上達

 私はゴルフが趣味です。24歳頃から初めて、当時は友達と練習に通い、上
達していきました。しかしこのところは、友達も結婚や転勤などでラウンドす
る機会も減り、練習もほとんど行かない状態でスコアも伸び悩んでいました。

 そのような状態の中、今夏から奥さんが仕事の関係でゴルフを始めることと
なりました。私も付き合いで練習に行き、練習ラウンドなどにも同行するよう
になったところ、再びスコアが上がり始め、今月のラウンドではこれまでのベ
ストスコアを7も更新することができました。

 年を重ねるにつれて、20代の頃のような体力やパワーが無くなりつつある
中でも、ショットの精度、パター・アプローチ等いろいろな要素でまだまだ伸
びることが実感でき、ゴルフだけでなく、自分を高める努力を続けることは、
いろんな面で必要なのだと感じた今夏でした。

 今後も、ゴルフはもちろん、いろいろなことにチャレンジしていきたいと思
います。

(T)

 

次回、Vol.205は2016年10月12日(水)に配信予定です。

今回も最後までお付き合い頂き、ありがとうございました。
次号もよろしくお願いします。

 

/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/

【ましんつ~るまがじん】

■ご意見ご感想はこちらまで
send@jmtba.or.jp

\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\

ページ先頭へ

Copyright (c) 日本工作機械工業会 All rights reserved.