ましんつ~るまがじん~vol.100~

_/_/_/_/ I N D E X _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 ・今日のコラム………… 2013年度上期(4~9月)の受注状況

 ・統計更新情報………… 2013年10月分受注速報発表

 ・最新情報……………… 平成25年度家庭・事業者向けエコリース促進事
             業補助金に関するご連絡

 ・編集後記……………… 100号を迎えて(T)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ 今日のコラム
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

○2013年度上期(4~9月)の受注状況

 今号では、先月に9月分までの受注が発表されましたので、2013年度上
期(4~9月)の受注状況について、振り返りたいと思います。

 【2013年度上期(4~9月)実績 概要】

            金額(百万円)  前期比    前年同期比

   受注総額       562,311    110.3      89.2

   うち内需       198,866    118.2     102.2

    一般機械      81,209    121.1      95.1
    自動車        60,292    113.8     103.2
    電気・精密     16,108    100.3      83.9
    航空・造船     12,416    138.6     140.4

   うち外需       363,445    106.5      83.4

    アジア       156,183     98.6      63.2
     東アジア     106,042     92.7      56.7
      中国      77,237     86.1      45.8
     その他アジア   50,141    114.1      83.1

    欧州        70,430    115.2     127.2
     EU       58,647    120.3     127.8
      ドイツ     21,123    133.5     110.0

    北米        129,071    110.9     102.3
     アメリカ     113,870    112.8     104.5

 年度半期の受注は、2011年度上期をピークとして内外需とも3半期連続
で前期比減少していましたが、2013年度上期は4半期ぶりに上昇に転じま
した。一方、前年同期比では、外需落ち込みの影響もあり、3半期連続で減少
となりました。

 内訳を見ますと、内需は、国内景況感の改善に伴って受注も回復し、前期比、
前年同期比とも増加しました。
 主要業種を見ても、軒並み前期比は増加に転じています。特に、航空・造船・
輸送用機械は10半期ぶりに100億円を超え、前年同期比も4割を超える増
加幅になるなど、堅調さが見受けられます。
 
 一方、外需は、地域によって状況が異なる結果となりました。北米では、外
需統計開始以来過去2番目となる高水準の受注を記録し、欧州もピーク時の半
分程度の水準ではあるものの、2半期連続で前期比増加となるなど、堅調に推
移しています。しかし、アジアでは12年度下期から中国の電気機械関連の特
需剥落による減少の影響により大幅に減少し、13年度上期においても、中国
及び東南アジア地域でも力強さに欠け、3半期連続で前期比減少、前年同期比
も4割弱の減少となりました。

 下期以降については、内需では消費増税前の駆け込みや、政策効果などもあっ
て改善が続くと見込まれますが、外需においては、各種リスク要因により不透
明感が広がっており、需要の見通しが難しくなっています。

 長期的には、世界の工作機械需要は拡大が見込まれていますが、そうした需
要を我々が取りこむことができるよう、業界団体としての取り組みに、より一
層力を注いで参ります。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ 統計更新情報
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

○2013年10月分受注速報発表(11月12日15時公表)

http://www.jmtba.or.jp/machine/data

  速報(2013年10月分)

         金額(百万円)前月比 前年同月比

   受注総額    102,242  101.6   108.4

   うち内需    38,655   91.5   140.5

   うち外需    63,587  108.9   95.2

 ※ひとこと
   10月の受注速報を見ると、受注総額は2カ月連続で1千億円を超え、
  前年同月比が18カ月ぶりに増加に転じました。前月は、期末要因もあっ
  て内需を中心に増加しましたが、今月は外需が3か月ぶりに600億円を
  超えるなど、外需の増加が寄与した形になっています。また、内需につい
  ても、前月比で6カ月ぶりの減少となりましたが、受注額は9月を除けば
  本年で最も高い受注額であり、回復基調は継続しています。
   今月の外需の増加要因については、確報時にお知らせしたいと思います
  が、外需については、好調な北米を除けば依然として力強さに欠けており、
  動向を注視したいと思います。
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ 最新情報
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

---------------------------------
平成25年度家庭・事業者向けエコリース促進事業補助金に関するご連絡
---------------------------------

 平成25年度の「家庭・事業者向けエコリース促進事業」における補助金申
込額については、当初の想定を上回る申し込みがあったことから、10月後半
に予算額に達しました。

 つきましては、補助金申込み方法が下記の通り変更となりましたので、お知
らせいたします。

1.補助金申込を行うことは可能ですが、仮受付となります。
  (この場合、ESCO推進協議会から「補助金申込受理通知書(仮受付)」
   を自動発行します。)
  但し、仮受付の期限は平成26年2月28日(金)迄となります。

2.上記1の仮受付の案件は、既に正式申込受理通知済の案件において取り下
  げ等により予算額に余剰が発生した場合に限り、ESCO推進協議会から
  正式な「補助金申込受理通知書」を発行します。
  「補助金申込受理通知書」は、ESCO推進協議会からメールにてお送り
  いたします。

3.上記2の正式な「補助金申込受理通知書」が発行された案件に限り、交付
  申請以降(~実績報告)の手続きを行うことが可能です。

○ESCO推進協議会
 「家庭・事業者向けエコリース促進事業補助金制度のご案内」TOPページ

http://www.jaesco.or.jp/ecolease-promotion/

○お問い合わせ
 ESCO推進協議会 エコリース促進事業部
 TEL:03-5212-1606

 

■ 編 集 後 記 ━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………

○100号を迎えて

 毎月お送りしている「ましんつ~るまがじん」ですが、2011年2月から
配信をスタートし、今号で100号を迎えることとなりました。

 読者の皆様があってのメールマガジンです。誠にありがとうございました。

 手さぐり状態でのスタートではありましたが、いまだにこのメールマガジン
が皆様のお役に立てているか、心配が尽きません。

 「ましんつ~るまがじん」が今以上に皆様のお役に立てるものとなるよう、
ご意見・ご要望がございましたら、いつでもご連絡いただければ幸いです。

 今後とも「ましんつ~るまがじん」をよろしくお願いいたします。

(T)

 

次回、Vol.101は2013年11月21日(木)に配信予定です。

毎度最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。
次号もよろしくお願いします。  

 

  

/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/

【ましんつ~るまがじん】

■ご意見ご感想はこちらまで
send@jmtba.or.jp

\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\

ページ先頭へ

Copyright (c) 日本工作機械工業会 All rights reserved.