3.生産性向上特別措置法関連(固定資産税の特例)

 
 中小企業の労働生産性は伸び悩んでおり、大企業との差も拡大傾向にある中、今後の少子高齢化や人手不足、働き方改革への対応等の厳しい事業環境を乗り越えるため、老朽化が進む設備を生産性の高い設備へと一新させ、事業者自身の労働生産性を飛躍的に高めることを目的に、生産性向上特別措置法に基づき、中小企業・小規模事業者等が設備投資を通じて労働生産性を高める計画(先端設備等導入計画)を策定し、認定を受けた場合には、税制支援や金融支援等の支援措置を受けることができます。
 
 (一社)日本工作機械工業会では、先端設備等導入計画の申請に必要な一定要件を満たした対象設備(工作機械関連設備のみ)であることを確認する証明書の発行業務を行います。
 なお、証明書フォーマットは、当面、中小企業等経営強化法の経営力向上設備等と共通のフォーマットで運用されます。
 
 
 先端設備等導入計画に関してはこちら(中小企業庁ページ)
 
 
 
固定資産税の特例に関する概要

証明書発行手続き(中小企業等経営強化法ページ) 

証明書発行手数料(中小企業等経営強化法ページ)

各種フォーマットダウンロード(中小企業等経営強化法ページ)

 

=本税制に関する問い合わせ先=

(一社)日本工作機械工業会
 〒105-0011 東京都港区芝公園3-5-8 機械振興会館
 TEL:03-3434-3961   FAX:03-3434-3763
 
・制度全般、証明書発行手続きに関わるお問い合わせ
  調査企画部 高野 、 行田(コウダ)  Mail:  takano@jmtba.or.jp
 
・該当設備の要件、登録方法等のお問い合わせ
  技術部   笹川 、 辻      Mail : sasagawa@jmtba.or.jp
ページ先頭へ

Copyright (c) 日本工作機械工業会 All rights reserved.