技術資料

技術資料は日本工業規格(JIS)又は日本工作機械工業会規格(MAS)に準ずる資料として、規格として時期尚早なものについて技術指針として取りまとめる、あるいは規格の内容を補完するための技術的資料として、工作機械の製造、販売、使用等の合理化に資することを目的に発行されるものです。

技術資料 14-1986 「工作機械の油圧・空気圧の安全性に関する手引き」

工作機械に使用される油圧装置、潤滑装置及び切削剤に適用される消防法に関して解説するとともに、空気圧装置や圧力容器に適用される労働安全衛生法について解説しています。
価格(税込) 会員及び教職員・学生:700円 一般:1,400円

購入する

技術資料 21-1988 「旧MAS403 マシニングセンタ用ツールシャンク及びプルスタッドの形状・寸法」

過去に日本工作機械工業会規格として制定された旧MAS403の内容を参考資料としたものです。旧MAS403は主として自動工具交換装置付マシニングセンタに使用されるツールシャンク及びプルスタッドの形状及び寸法について規定するもので、現在は「JIS B 6339 マシニングセンタ用ツールシャンク及びプルスタッド」に移行しています。
価格(税込)会員及び教職員・学生:400円 一般:800円

購入する 

技術資料 23-1989 「油圧機器の性能表示基準」

工作機械メーカが油圧機器を選定・使用する上で、各油圧機器の性能を比較検討するための基準として、22種類の油圧機器の仕様項目、定義、測定方法及び表示方法について掲載しています。
価格(税込) 会員及び教職員・学生:750円 一般:1,500円

購入する

 技術資料 31-1993 「放電加工機の電波障害と対策ガイドライン」

放電加工機の設置において、充分な注意と対策が必要とされる電磁障害について、その発生の仕組みと対策についてまとめた資料です。
価格(税込) 会員及び教職員・学生:150円 一般:300円 

購入する

技術資料 48-2000 「工作機械のノイズイミュニティ試験ガイドブック」

工作機械のEMCイミュニティ試験について、各種電磁環境試験手順及び性能評価基準について解説しています。
価格(税込) 会員及び教職員・学生:1,200円 一般:2,400円 

購入する

 技術資料51 「切削剤の選定基準・トラブル対策・銘柄一覧」

工作機械メーカあるいはユーザが切削剤を選定する上で、切削性能や工具寿命などに関連する一次性能及び、安全性、腐食性等に関わる二次性能について解説するとともに、切削油剤メーカ44社の製品について、油種ごとに掲載しています。
価格(税込) 会員及び教職員・学生:350円 一般:700円

購入する

 技術資料52-2002 「NC装置関連用語一覧」

NC(数値制御)工作機械の仕様について理解を助けるために、JIS B 6013(工作機械-仕様項目)の用語に実用的な用語を加えて、その定義を解説しています。また、附録として、一般的と考えられる補助機能(Mコード)を 分類・整理しています。なお、CD-ROMにて電子ファイル形式(PDFファイル)による販売となります。
価格(税込)会員及び教職員・学生:1,000円 一般:2,000円

購入する

技術資料69-2015  「工作機械用潤滑剤の選択基準」

工作機械に使用する主な潤滑油について、主な油種(JIS B 6016-1規定)とその性状について解説し、油剤メーカ19社により実際に販売されている製品を油種ごとに掲載しています。また、比較的工作機械の輸出が多い21ヵ国について、入手できる潤滑剤を国内製品名とともに掲載しています。
価格(税込) 会員及び教職員・学生:750円 一般:1,500円

購入する

技術資料59-2014  「工作機械の火災安全指針:工作機械メーカ向け」

工作機械の使用時、特に油性切削油剤を使用する場合、プログラムミスや段取りミス等をはじめとする様々な要因により油剤に引火し、火災にいたる危険性があります。こうした火災発生のリスクの低減に向けて「工作機械の火災安全指針」を策定しました。工作機械メーカならびにユーザ各社における防火対策の強化に本指針をご活用下さい。
本指針は「工作機械メーカ向け」と「ユーザ向け」の2種類がございます。
 
工作機械メーカ各社は「工作機械メーカ向け」を、ユーザ各社は「ユーザ向け」をそれぞれご活用下さい。
価格無料

ダウンロード「工作機械の火災安全指針:工作機械メーカ向け(技術資料59-2014)

 

技術資料60-2014  「工作機械の火災安全指針:ユーザ向け」

工作機械の使用時、特に油性切削油剤を使用する場合、プログラムミスや段取りミス等をはじめとする様々な要因により油剤に引火し、火災にいたる危険性があります。こうした火災発生のリスクの低減に向けて「工作機械の火災安全指針」を策定しました。工作機械メーカならびにユーザ各社における防火対策の強化に本指針をご活用下さい。
※本指針は「工作機械メーカ向け」と「ユーザ向け」の2種類がございます。
 工作機械メーカ各社は「工作機械メーカ向け」を、ユーザ各社は「ユーザ向け」をそれぞれご活用下さい。
価格無料

ダウンロード「工作機械の火災安全指針:ユーザ向け(技術資料60-2014)

 

ページ先頭へ

Copyright (c) 日本工作機械工業会 All rights reserved.