ましんつ~るまがじん~vol.228~

_/_/_/_/ I N D E X _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 ・今日のコラム………… 日工会・第24代会長に飯村幸生氏が就任

 ・統計更新情報………… 2017年5月分受注速報発表

・最新情報……………… 1.平成29年度「エコリース促進事業」申請申
             込受付開始のお知らせ

2.EMO Hannover 2017 視察団参加者募集

 ・編集後記……………… 入会資格が広がりました(H)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ 今日のコラム
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

○ 日工会・第24代会長に飯村幸生氏が就任

 当会は去る5月31日、第6回定時総会を東京・ホテルニューオータニで開
催し、新役員(理事・監事)を選任しました。同日引き続いて開催した第31
回理事会で、当会第24代会長に、飯村幸生氏(東芝機械株式会社・取締役会
長)を選出しました。また、副会長・専務理事・常務理事・相談役には、以下
の8氏が選定されました。

 副会長  森 雅彦氏(DMG森精機株式会社・取締役社長)
 副会長  稲葉善治氏(ファナック株式会社・取締役会長)
 副会長  山岡靖幸氏(株式会社神崎高級工機製作所・取締役社長)
 副会長  山崎智久氏(ヤマザキマザック株式会社・取締役社長)
 副会長  中村健一氏(中村留精密工業株式会社・取締役社長)
 専務理事 石丸雍二氏
 常務理事 天野正義氏
 相談役  横山元彦氏(株式会社ジェイテクト・相談役)
 相談役  花木義麿氏(オークマ株式会社・取締役社長)

 飯村新会長は、就任後の記者会見で「工作機械産業ビジョン2020で示さ
れた業界としての重点課題である、1.産学官連携の強化、2.標準化戦略の
強化、3.JIMTOFの求心力の強化、4.人材の確保・周知策の強化、に
ついて各委員会が中心となって引き続き取り組む」旨、表明しています。

 次に、委員会組織については、従前の総合企画、技術、経営、市場調査、国
際、環境安全、見本市、輸出管理の8常設委員会が継続設置されました。

 各委員会の委員長には、下記の方々が飯村会長から委嘱されました。

 総合企画委員会  武藤公志氏(浜井産業株式会社・会長)
 技術委員会    稲葉善治氏(ファナック株式会社・取締役会長)
 経営委員会    曽我信之氏(富士機械製造株式会社・取締役社長)
 市場調査委員会  杉野高広氏(コマツNTC株式会社・取締役社長)
 国際委員会    石井常路氏(株式会社岡本工作機械製作所・取締役社長)
 環境安全委員会  安田拓人氏(安田工業株式会社・取締役社長)
 見本市委員会   鴫谷憲和氏(株式会社シギヤ精機製作所・取締役社長)
 輸出管理委員会  安形哲夫氏(株式会社ジェイテクト・取締役社長)

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ 統計更新情報
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

○2017年5月分受注速報発表(6月12日15時公表)
http://www.jmtba.or.jp/machine/data

  速報(2017年5月分)

         金額(百万円)前月比 前年同月比

   受注総額    129,826  97.1  124.4

   うち内需    51,233  101.5  131.8

   うち外需    78,593  94.4  120.0

 ※ひとこと
   5月の受注速報の結果を見ますと、受注総額はわずかに1,300億円
  には届きませんでしたが、内外需ともに堅調で、高水準の受注が継続して
  います。前年同月比は6カ月連続の増加となりました。
   うち内需は、3カ月連続の500億円超えで、自動車や半導体関連での
  動きが活発なことに加え、先月に引き続きものづくり補助金の効果が内需
  を押し上げたものと思われます。
   うち外需は、3カ月ぶりの800億円割れとなりましたが、800億円
  に近い高水準の受注が継続しています。特需のみならず、中国や北米での
  回復基調が外需を下支えしているものと思われます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ 最新情報
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

--------------------------------
1.平成29年度「エコリース促進事業」申請申込受付開始のお知らせ
--------------------------------

 毎年実施されております「エコリース促進事業」ですが、平成29年度予算
でも実施されることとなり、2017年6月6日(火)より、申請申込の受付
が開始されております。

 ただし、今年度は、工作機械を含む「専ら産業の用に供される低炭素機器」
の受付開始日が、変更になっていますので、ご注意ください。

 工作機械関連の主な変更点は下記の通りです。
・東北3県、熊本県を除く地域の受付開始日が3カ月遅れの9月6日になる
・補助率が2%(上乗せで3%)に引き下げられる(下記ページ参照)
 http://www.jaesco.or.jp/ecolease-promotion/docs/hojyoritsu-ichiran-2017.pdf

【事業概要】

・予算規模:19億円

・補助金申込書類の受付期間  :H29/6/6~H30/2/28
 ※機器分類により申込期間が異なります。詳細は下記ページを参照ください。
  http://www.jaesco.or.jp/ecolease-promotion/system-introduction/

・補助金交付申請書類の受付期間:H29/6/6~H30/3/7

・補助金実績報告書類の受付期間:H29/6/6~H30/3/16

・補助対象機器の借受証が、平成30年3月12日までに原則発行される見込
 みであること。

【ESCO推進協議会「エコリース促進事業補助金制度のご案内」】
http://www.jaesco.or.jp/ecolease-promotion/

【環境省 21世紀金融行動原則 署名金融機関等一覧ページ】
https://www.env.go.jp/policy/keiei_portal/kinyu/shomeikikan.html
※業務WGに「リース」と記載のある金融機関です。
※随時更新され、署名金融機関は増えていきますので、随時ご確認ください。

【本制度の工作機械関連に関するお問い合わせ先】
(一社)日本工作機械工業会 調査企画部 高野
 TEL:03-3434-3961

-----------------------------
2.EMO Hannover 2017 視察団の参加者募集
-----------------------------

 当会は、9月18日から23日までドイツ・ハノーバー国際見本市会場で開
催される工作機械見本市「EMO Hannover 2017」に際し、東日
観光(株)が企画・実施する「EMO Hannover 2017視察団」の
ツアーを後援します。

 この視察団ではAからCまでの3つのコースが用意されており、特にCコー
スでは、現地企業への視察が組まれ充実したコースとなっております。

 この機会に是非ご応募下さい。

 詳細は当会ホームページのインフォメーションよりご確認頂けます。

【EMO Hannover 2017 視察団編成のご案内】
http://www.jmtba.or.jp/

 

■ 編 集 後 記 ━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………

○ 入会資格が広がりました

 工作機械及び関連周辺装置・ソフトウェアの製造者(設計、修理及びサービ
ス事業を含む)の団体である当会は、5月31日に開催した定時総会において
定款の変更を行い、新たに三次元積層造形装置についても担当することとなり
ました。

 これにより、積層造形装置の製造者の他、積層造形装置の周辺装置やソフト
ウェアの製造者もご入会頂けます。

 入会にご興味のある事業者は、下記URLより当会の事業内容をご確認頂き、
事務局までお問い合わせ下さい。

 http://www.jmtba.or.jp/entry

(H)

 

次回、Vol.229は2017年6月21日(水)に配信予定です。

毎度最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。
次号もよろしくお願いします。  

 

/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/

【ましんつ~るまがじん】

■ご意見ご感想はこちらまで
send@jmtba.or.jp

\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\

ページ先頭へ

Copyright (c) 日本工作機械工業会 All rights reserved.