ましんつ~るまがじん~vol.219~

_/_/_/_/ I N D E X _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

・最新情報……………… CCIMT2017(中国重慶国際工作機械展覧
             会)出展申込受付中

 ・今日のコラム………… 工作機械の輸出管理講習会 結果報告

 ・編集後記……………… インフルエンザ流行中(M)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ 最新情報
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

-------------------------------
CCIMT2017(中国重慶国際工作機械展覧会)出展申込受付中
-------------------------------

第1回中国重慶国際工作機械展覧会(CCIMT2017)が、
2017年11月13日(月)~16日(木)までの4日間、中国の重慶市の
重慶国際展覧センター(新設展示場)において開催されます。

本展示会は、AMT(米国製造技術工業協会)とCMTBA(中国工作機械工
業会)の共催ですが、日本からの出展は両団体の要請で、日工会で出展取りま
とめ業務を行います。

中国内陸部は今後需要の拡大が見込まれる重要な市場です。是非とも初回から
の参加をご検討下さい。

詳細は、下記URLよりご確認下さい。
http://www.jmtba.or.jp/archives/7557

【本件に関するお問い合わせ】

 CCIMT2017 日本事務局((一社)日本工作機械工業会 内)

  担当:本多・秋山・田中

  電話番号:03-3434-3961
  E-mail :honda@jmtba.or.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ 今日のコラム
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

○ 工作機械の輸出管理講習会 結果報告

当会では、1月26日~2月16日に掛けて、東京・名古屋・大阪・金沢・岡
山にて「2016年度 工作機械の輸出管理講習会~UPRへの規制変更の対
応について~」を開催しました。

今回の講習会では、今年6月1日に予定されている輸出貿易管理令別表第1の
6の項及び外国為替令別表6の項における規制変更の内容について説明を行い、
海外への工作機械の輸出や技術提供に際する注意点等について解説しました。

結果概要は以下の通りです。

【開催日時・会場】
大 阪:1月24日(火)10:00~17:00 CIVI研修センター 新大阪東
岡 山:1月25日(水)10:00~17:00 岡山コンベンションセンター
金 沢:2月 1日(水)10:00~17:00 石川県地場産業振興センター
名古屋:2月 2日(木)10:00~17:00 名古屋市国際展示場
東 京:2月16日(木)10:00~17:00 タイム24ビル

【講習プログラム】
(1)PAからUPRへの規制変更の経緯
  講師:柴田 明仁 氏(オークマ(株) 輸出管理室 室長代理)

(2)貨物の規制変更と注意点
  講師:柴田 明仁 氏

(3)技術の規制変更と注意点
  講師:松浦 和雄 氏((株)ジェイテクト 輸出管理室 主査)

(4)規制変更に基づく包括許可・申告値の活用
  講師:松浦 和雄 氏

(5)UPR精度測定上の注意点
  講師:堤  正臣 氏(東京農工大学 副学長)

【受講者数】
合計862人
大 阪:124人(会員 72人、会員外 52人)
岡 山:109人(会員 83人、会員外 26人)
金 沢: 82人(会員 69人、会員外 13人)
名古屋:209人(会員133人、会員外 76人)
東 京:338人(会員159人、会員外179人)

 

今回の講習会では、当会会員企業に限らず、商社・工作機械ユーザ・精度測
定事業者等、幅広い企業が受講されました。

その一方で、規制変更の内容が複雑な点もあり、一度の講習で全てをご理解
頂くことは難しかったものとも思われ、事務局とましては引き続き受講者へ
のフォローに努めて参ります。

規制変更まであと3カ月となりますが、ご不明点等ございましたらどのよう
なことでも結構ですので、お気軽に事務局までお寄せ下さい。

 

■ 編 集 後 記 ━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………

○インフルエンザ流行中

 
インフルエンザが流行しています。

今年は1月末~2月初旬が流行のピークだったようですが、まだまだ患者数も多
く、油断できません。厚生労働省では、インフルエンザの感染予防策として、下
記を推奨しています。

1. 流行前のワクチン接種

2. 飛沫感染対策としての咳エチケット
 (人に向けてせきをしない、マスク装着等)

3. 外出後の手洗い、手指のアルコール消毒

4. 加湿器利用等による適度な湿度(50~60%)の保持

5. 十分な休養とバランスのとれた栄養摂取

6. 人混みや繁華街への外出を控える(外出時のマスク着用)

 
インフルエンザに限らず、風邪等の予防策と重なりますが、ひとつひとつを着実
に実行することで、ある程度予防できるとのことです。

一説によれば、年間の国内患者数は1,000万人にも達するとのことですが、出来れ
ば感染せずに、元気に過ごしたいものです。

(M)

 

次回、Vol.220は2017年3月9日(木)に配信予定です。

毎度最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。
次号もよろしくお願いします。  

 

/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/

【ましんつ~るまがじん】

■ご意見ご感想はこちらまで
send@jmtba.or.jp

\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\

ページ先頭へ

Copyright (c) 日本工作機械工業会 All rights reserved.