ましんつ~るまがじん~vol.142~

_/_/_/_/ I N D E X _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 ・今日のコラム………… 新年のご挨拶

 ・統計更新情報………… 2014年12月分受注速報発表

・最新情報……………… 西日本製造技術イノベーション2015 
             出展募集のご案内

 ・編集後記……………… 本年もよろしくお願い致します(S)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ 今日のコラム
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

○新年のご挨拶
 

 平成27年の新春を迎え、謹んで新年のお慶びを申し上げます。

 昨年の工作機械受注は国内や米国の需要が底堅く推移、外需は1兆円を超え
て過去最高額を記録し、総額でも1兆5.093億円(速報値)となって20
07年の史上最高額(1兆5,900億円)に次ぐ結果となりました。

 さて、今年の世界経済には予想される米国の金融緩和策縮小の影響、欧州経
済の減速、中国の成長鈍化、地政学的リスクの経済への影響という懸念材料も
ありますが、工作機械の海外需要は米国の自動車・エネルギー・航空機産業を
中心に底堅く、年末のアセアン経済共同体発足による貿易促進に備え、産業集
積地タイを中心に周辺国へ製造業の投資が広がると期待できます。

 一方、内需は円安による企業収益のさらなる改善と経済産業省によるものづ
くり補助金や生産性向上設備投資促進税制等の政策の継続から、老朽設備更新
投資が盛り上がり、昨年と同水準かそれ以上の需要が期待できると思われます。

 外需1兆円時代を迎えた今日、私たち工作機械産業は多様化したグローバル
な顧客ニーズをいち早く取り入れた付加価値の高い製品を開発し、日本が得意
とするきめ細かなアフターサービスで世界のものづくりに貢献していかなくて
はなりません。

 また業界活動としては、2012年5月に策定した「工作機械産業ビジョン
2020」に挙げられた、産学官連携の強化を始めとする重点戦略に基づく諸
施策に工業会を挙げて引き続き取り組み、ひとつひとつの施策を着実に推進、
持続性のある効果を挙げていきたいと希望しています。

 本年も、読者の皆様に工作機械産業へのご理解を深めていただけるよう、最
新の関連情報を分り易く配信していきますので、よろしくお願いいたします。

 新しい年が皆様にとりまして素晴らしい年となりますよう、心からお祈り申
し上げまして、新年のご挨拶とさせていただきます。

 

           (一社)日本工作機械工業会 事務局長 津上 邦夫

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ 統計更新情報
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

○2014年12月分受注速報発表(1月14日15時公表)

http://www.jmtba.or.jp/machine/data

  速報(2014年12月分)

         金額(百万円)前月比 前年同月比

   受注総額    144,190 103.7 133.8

   うち内需    48,092 98.0 131.0

   うち外需    96,098 106.8 135.3

 

  速報(2014年累計)

         金額(百万円) 前年比

   受注総額   1,509,339   103.7

   うち内需    496,338 123.8

   うち外需   1,013,001 141.4

 

 ※ひとこと
  14年12月は、受注総額が07年9月(1,420億円)を超え、過去
 最高額を記録しました。1,400億円超えは6年9カ月ぶりとなります。
  このうち、内需は前月比では減少したものの、7カ月連続の400億円超
 で、堅調に推移しています。また、外需は7カ月連続の前月比増加で、9カ
 月ぶりの900億円超えとなり、過去最高額を記録しました。

  この結果、14年累計は受注総額で7年ぶりに1兆5千億円を超え、07
 年に次ぐ、過去2番目の受注額となりました。1兆円超えは4年連続となり
 ます。
  うち内需は、2年連続で4千億円を超え、リーマンショック以降の最高額
 を記録しました。一方、外需は史上初の1兆円超えで過去最高額を記録しま
 した。

  受注内訳の詳細は、21日公表の確報時にお知らせしたいと思いますが、
 内外需とも足元堅調に推移しており、年初に当会会長が掲げた受注目標1兆
 5,500億円の達成に向けて弾みが付く結果ではないかと思います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ 最新情報 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

---------------------------
西日本製造技術イノベーション2015 出展募集のご案内
--------------------------- 

 今年6月17日(水)から19日(金)にかけて、北九州市の西日本総合展
示場において、(公財)西日本産業貿易コンベンション協会の主催により、
「西日本製造技術イノベーション2015」が開催されます。

 当会も協賛するこの展示会は、製造業全般に亘る幅広い業種分野を対象とし
た総合展示会となっており、工作機械関連企業も出展します。

 (公財)西日本産業貿易コンベンション協会では、現在、同展示会への出展
企業を募集しています。

 詳細につきましては、下記をご覧いただき、出展にご興味のある企業におか
れましては、同協会までお問い合わせ下さい。 

■会期  2015年6月17日(水)~19日(金)
■会場  西日本総合展示場 新館 (北九州市小倉北区浅野3-8-1)
■時間  10時~17時 最終日は16時まで
■主催  公益財団法人 西日本産業貿易コンベンション協会
■概要  製鐵、自動車、半導体、ロボットを始め電機、化学、造船、食品加
     工の製造拠点としての基盤がある九州・山口地域の、製造業全般に
     亘る幅広い業種分野を対象にした総合展。産業用ロボット、FA装
     置・システム等の「製造・生産技術分野」、CAD/CAM/CA
     E、PLM等の「設計分野」、監視カメラ、セキュリティ、試験・
     診断装置等の「設備保守分野」、分析・計量・計測機器などの「研
     究開発分野」、在庫管理、配送管理等「購買・調達分野」の各分野
     から出展募集を行っており、広報ツール、販売促進の場としてご活
     用頂くことが可能。

【詳細URL】
http://www.innov-w.jp

【本件お問い合わせ先】 
公益財団法人 西日本産業貿易コンベンション協会  担当:事業二課 立石
E-mail jimukyoku@innov-w.jp
電話 093-511-6800 

 

■ 編 集 後 記 ━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………

○ 本年もよろしくお願い致します

 今回の配信が、新年最初の号となりますが、今年もましんつ~るまがじんを
よろしくお願い致します。昨年に引き続き、工作機械業界の最新情報をお届け
すべく、尽力して参ります。

 今年は未年(ひつじ)になります。総務省統計局の推計によると、2015
年1月1日現在における未年生まれの方は1007万人となり、また、今年の
新成人は126万人に上るとのことです。特に新成人は平成6年の207万人
をピークに減少傾向が続いていましたが、21年ぶりに増加に転じたことは、
嬉しいニュースです。

 一方で未年は、過去、第2次オイルショックやソ連崩壊が起こる等、大きな
変化が訪れる年と見る向きもあります。世界情勢については平穏であることを
祈るばかりですが、普段の業務では変化に柔軟に対応し、充実した一年とでき
るよう一層努力していきたいと思います。

(S)

 

次回、Vol.143は2015年1月21日(水)に配信予定です。

毎度最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。
次号もよろしくお願いします。  

/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/

【ましんつ~るまがじん】

■ご意見ご感想はこちらまで
send@jmtba.or.jp

\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\

ページ先頭へ

Copyright (c) 日本工作機械工業会 All rights reserved.