ましんつ~るまがじん~vol.117~

_/_/_/_/ I N D E X _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
 

・今日のコラム………… SIMTOS2014 報告

 ・統計更新情報………… 2014年4月次受注短観発表

 ・最新情報……………… 1.【経済産業省より】平成26年経済産業省企
             業活動基本調査にご協力ください

             2.エコリース促進事業 平成26年度事業開始

 ・編集後記……………… ハングル文字(I)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ 今日のコラム
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

○SIMTOS2014 報告

 去る4月9日(水)~13日(日)、韓国のソウルで、第16回ソウル国際
工作機械展(SIMTOS2014)が開催されました。

 SIMTOSは、1984年6月に第1回を開催以降、2年毎に開催され、
今年で16回目を迎えました。会場は、前回同様、新韓国国際展示場
(KINTEX)1・2の全ホールを使用して開催されました。

 「世界4大工作機械展」を標榜する同展示会の面積はJIMTOFをやや上
回る規模となります。また、33カ国の国・地域から853社が出展し、国際
性に富んだ展示会になりました。

 初日のオープニングレセプションでは、当会の花木会長を始め、国内外のV
IPが招待され、テープカットなどが行われました。
 また、同日、当会では今年11月開催予定のJIMTOF2014をPRす
る「JAPAN DAY」を催し、海外来場者の誘致を行いました。

 工作機械の展示は、KINTEX1(1号館)のホール1~5で行われ、
DoosanインフラコアやHyundai WIA、Hwacheonなど韓国を代表するメーカが大き
な小間を占め、力を入れた展示内容でした。

 当会会員企業からの出展は、27社となり、韓国メーカに比べ小間数は少な
いものの、商談ブースは多くの現地来場者でにぎわっていたことが印象的でし
た。

 KINTEX2(2号館)は、ホール7~10をそれぞれテーマごとに分け、
工作機器や工具、CAD/CAM、ロボット、レーザ加工機などが展示されて
いました。その中でも、現地のメーカ約10社が3Dプリンターを出展してお
り、多くの来場者が関心を寄せていました。

 全体的な印象として、会場も見やすく、ゆったりと展示されていましたが、
KINTEX1から2へ人の流れが少ないなどの課題もあるようです。

 アジア圏展示会のスペース拡張が進む中、今年11月には東京ビッグサイト
でのJIMTOF2014が控えています。東京から最先端の製品や技術を世
界に発信していく「東京SHOW」として魅力ある展示会にすべく、日工会事
務局一同邁進していきます。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ 統計更新情報
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

○2014年4月次受注短観発表(2014年4月30日15時公表)

《工作機械統計ページ》
 http://www.jmtba.or.jp/machine/data

  短観(2014年4月次) ※( )内は前月比

  1、業況に関する判断(DI)
   (a)会社全体の業況    足元 21.4(△2.9)  翌月 15.7
   (b)工作機械事業の業況  足元 12.9(△4.2)   翌月 10.0

  2、工作機械受注の先行き予測に関する判断(DI)
   (c)受注総額の水準    足元  1.4(△20.0) 翌月 18.6
   (d)受注内需の水準    足元 -4.3(△15.7)  翌月  8.6
   (e)受注外需の水準    足元 -1.5(△19.1)  翌月 19.1

  3、受注内需業種別の水準(DI)
   (f)一般機械向けの受注水準  翌月  4.3(+1.4)
   (g)自動車向けの受注水準   翌月  6.1(+6.1)
   (h)電気・精密向けの受注水準 翌月 -5.8(+4.3)

  4、受注外需地域別の水準(DI)
   (i)アジア向けの受注水準   翌月 8.8(+1.4)
   (j)欧州向けの受注水準    翌月 15.5(+12.1)
   (k)北米向けの受注水準    翌月  9.5(+12.7)

(ひとこと)
  4月の受注短観は、3月の反動により足元で受注関連のDIが大幅悪化と
 なりましたが、5月は再び「増加」超へと転じており、これらは季節的な動
 きと思われます。
  また、業況判断は足元、翌月とも悪化しましたが、二桁の「良い」超が続
 いており、各種政策の効果発現まで、やや落ち着いて推移するものの、今後
 は緩やかな回復基調が継続するものと思われます。  

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ 最新情報
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

----------------------------
1.【経済産業省より】
  平成26年経済産業省企業活動基本調査にご協力ください
----------------------------

 経済産業省では、我が国企業における経済活動の実態を明らかにし、経済産
業政策等各種行政施策の基礎資料を得ることを目的として、平成4年以降「経
済産業省企業活動基本調査」(基幹統計調査)を実施しており、平成26年も
実施いたします。調査に対するご協力をお願いいたします。

 ○実施期間:平成26年5月16日から7月15日まで

 ○根拠法令:統計法(平成19年法律第53号)

 ○調査目的:我が国企業における経済活動の実態を明らかにし、経済産業政
       策等各種行政施策の基礎資料とします

 ○調査対象:別表に属する事業所を有する従業員50人以上かつ資本金
       3,000万円以上の企業で、企業全体の数値

 ○調査結果:平成27年1月に速報を公表予定

 ○調査方法:対象の企業へ調査関係用品を直接郵送します

 ※調査票の提出は、紙調査票によるほか、インターネットからオンラインで
  提出することもできます。
 ※調査票に記入していただいた内容につきましては、統計法に基づき秘密を
  厳守いたしますので、調査に対するご協力をお願いいたします。

 【別表】
  この調査は、鉱業・採石業・砂利採取業、製造業、電気業・ガス業、卸売
  業、小売業、クレジットカード業・割賦金融業のほか、下記の産業の括弧
  内の業種が対象となります。

  ○飲食サービス業(一般飲食店、持ち帰り・配達飲食サービス業)
  ○情報通信業(ソフトウェア業、情報処理・提供サービス業、インターネッ
   ト附随サービス業、映画・ビデオ製作業、アニメーション製作業、新聞
   業、出版業)
  ○物品賃貸業(産業用機械器具賃貸業(レンタルを含む)、事務用機械器
   具賃貸業(レンタルを含む)、自動車賃貸業(レンタルを含む)、スポー
   ツ・娯楽用品賃貸業(レンタルを含む)、その他の物品賃貸業(レンタ
   ルを含む)
  ○学術研究、専門・技術サービス業(学術・開発研究機関、デザイン業、
   エンジニアリング業、広告業、機械設計業、商品・非破壊検査業、計量
   証明業、写真業)
  ○生活関連サービス業、娯楽業(洗濯業、その他の洗濯・理容・美容・浴
   場業、冠婚葬祭業(冠婚葬祭互助会を含む)、写真現像・焼付業、その
   他の生活関連サービス業、映画館、ゴルフ場、スポーツ施設提供業(フ
   ィットネスクラブ、ボウリング場など)、公園、遊園地・テーマパーク)
  ○教育、学習支援業(外国語会話教室、カルチャー教室(総合的なもの))
  ○サービス業(廃棄物処理業、機械等修理業、職業紹介業、労働者派遣業、
   ディスプレイ業、テレマーケティング業、その他の事業サービス業)

 【問い合わせ先】
  経済産業省大臣官房調査統計グループ企業統計室 TEL:03-3501-1831

 

----------------------
2.エコリース促進事業 平成26年度事業開始
----------------------

 エコリース促進事業について、4月28日より今年度事業が開始されました。

 事業概要は以下の通りです。

 ・予算規模:18億円(昨年度と同額)

 ・補助金申込書類の受付期間:H26/4/28 ~ H27/2/27

 ・補助金交付申請書類の受付期間:H26/4/28 ~ H27/3/6

 ・補助金実績報告書類の受付期間:H26/4/28 ~ H27/3/18

 ・補助対象機器の借受証が、平成27年3月15日までに原則発行される見
  込みであること。

 ・利用要件については、昨年度と変更はございません。

 昨年は、年度終了前に予算上限に達し、補助金が受けられない事態になりま
したので、利用をご検討される場合には、早めに申請いただくのがよろしいか
と存じます。

 各申請書類、報告書類等の受付期間などにつきましては、下記ホームページ
のパンフレット(PDF)よりご確認いただけます。

【ESCO推進協議会、エコリース促進事業ホームページ】
http://www.jaesco.or.jp/ecolease-promotion/

 

■ 編 集 後 記 ━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………

○ハングル文字

今回号のコラムでSIMTOS2014の報告を掲載しました。

初の韓国出張で感じたことは、言葉はもちろん、文字についてもそれが何を
表しているのか想像がつかなかったことです。

英語表記の無いお店などでは注文1つにも苦労しました。

一方で、現地の方は英語や日本語のわかる方が多いように感じました。言葉が
伝わることはとても重要だと改めて感じさせられた気がします。

韓国と日本はあと数年で冬季・夏季のオリンピックがそれぞれ開催されますが、
日本は海外旅行者への配慮がまだまだ足りないと言われています。私個人も韓
国に倣い、英語や身振り手振りで、これからやってくる海外旅行者を温かく
おもてなしできるよう、勉強したいと思います。

(I)

次回、Vol.118は2014年5月14日(水)に配信予定です。

毎度最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。
次号もよろしくお願いします。

/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/

【ましんつ~るまがじん】

■ご意見ご感想はこちらまで
send@jmtba.or.jp

\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\

ページ先頭へ

Copyright (c) 日本工作機械工業会 All rights reserved.