ましんつ~るまがじん~vol.70~

_/_/_/_/ I N D E X _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 ・今日のコラム………… 新年の御挨拶

 ・統計更新情報………… 2012年12月分速報発表

 ・最新情報……………… 砥粒加工学会先進テクノフェア(ATF2013)開催

 ・編集後記  ………… 明けましておめでとうございます(T)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ 今日のコラム
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

○新年の御挨拶(事務局長 津上邦夫)

平成25年の新春を迎え、謹んで新年のお慶びを申し上げます。

工作機械業界の2012年受注額(暦年)は、いわゆる製造業の六重苦に加え、
欧州債務問題、中国経済の減速で3年ぶりに前年割れとなりました。

しかし、これら問題も落ち着きだし、為替も年末から円安方向へ動き出したこ
とで、経済の不安材料が一服した中で、日本・米国・中国を始めとする主要国
の新しい政権に期待が高まっている新年です。

経済のグローバル化により、環境変化がますます速く、そして複雑になってき
ています。日本の製造業は、他の国に真似できない高い技術研究と製品開発力
で、環境の変化に上手に対応して、過去の難局を乗り切り、「ものづくり日本」
の価値を高めてきました。そして、それを可能としたのが高い機能・品質
の日本製工作機械です。

ご存知のように、日工会では昨年、「工作機械産業ビジョン2020」を策定致し
ました。

この、「工作機械産業ビジョン2020」に挙げられた、重点戦略を着実に実施し
ていくことで、工作機械産業は、さらに競争力のある製品を世界の産業に供給
していくとともに、ユーザーが必要とする生産技術の提案を行う、「ソリュー
ション・ビジネス」を通して、製品の「価値づくり」にも取り組み、世界の製
造業に日本の工作機械をアピールしていける年になることを希望しています。

本年も、読者の皆様に工作機械産業へのご理解を深めていただくため、引き続
き最新の関連情報を分り易く配信していきますので、よろしくお願いいたしま
す。

本年が皆様にとって素晴らしい年になるようお祈りし、新年のご挨拶とさせて
いただきます。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ 統計更新情報
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

○2012年12月分受注速報発表(1月15日15時公表)

http://www.jmtba.or.jp/machine/data

 

  速報(2012年12月分)

         金額(百万円)前月比 前年同月比

   受注総額    84,071   95.4   72.5

   うち内需    25,977   87.0   73.5

   うち外需    58,094   99.6   72.1

 ※ひとこと
   2012年12月の受注速報は、受注総額が2カ月連続で900億円を
  下回り、26カ月ぶりの850億円割れとなりました。内訳をみますと、
  内需・外需とも本年の最低額となりました。詳細については確報でお知ら
  せいたしますが、国内外ともに先行き不透明な状況が続いており、動向を
  注意深く見ていきたいと思います。

   またこの結果、2012暦年の合計は1兆2,124億円と、前年比が
  3年ぶりに減少となりましたが、2年連続で1兆2千億円を超えました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ 最新情報 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

----------------------
砥粒加工学会先進テクノフェア(ATF2013)開催
----------------------

公益社団法人 砥粒加工学会では、砥粒加工を中心とした除去加工技術および
その関連技術・関連製品の最新情報を収集・交換できる産学官交流の場として、
先進テクノフェアATF(Advanced Technology Fair)を毎年開催しています。

2013年度は、通常総会に合わせて3月7日(木)・8日(金)の2日間にわたって
開催される予定です。なお、今回のATF2013は第15回目にして初の関西地方で
の開催となります。

産学官の技術者・研究者が集い、気軽に情報交換を行い、有益な情報を収集す
る場として、ご活用いただけるものと存じますので、是非参加をご検討いただ
ければ幸いです。なお、ATF2013のプログラムおよび参加申込に関する詳細は、
下記の公式HPよりご確認ください。

【開催日時・会場】
 ○会期:2013年3月7日(木),8日(金)

 ○会場:関西大学 千里山キャンパス 100周年記念会館
     〒564-8680 大阪府吹田市山手町3丁目3番35号
 

【公式HP】
 http://www.jsat.or.jp/file/event/atf2013/ATF2013_oshirase.pdf

【お問い合わせ先】
 公益社団法人 砥粒加工学会
 〒169-0073 東京都新宿区百人町2-22-17 セラミックスビル4F
 TEL:03-3362-4195
 FAX:03-3368-0902
 E-mail: staff@jsat.or.jp

 

■ 編 集 後 記 ━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………

○あけましておめでとうございます

当メルマガも発刊から3年目を迎えることとなりました。
毎号皆様にお読みいただき、大変感謝しております。

我々メルマガチームは、一昨年からのメルマガの発刊や、昨年はホームページ
のリニューアルと、皆様のお役に立てるよう、新しいことにチャレンジしてき
ました。

このメルマガが皆様にとってさらに有意義なものになるよう、引き続きチャレ
ンジしていきたいと考えておりますので、ご意見・ご要望等ございましたら、
いつでもご連絡ください。

本年もよろしくお願いいたします。

(T)

次回、Vol.71は2013年1月21日(月)に配信予定です。

毎度最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。
次号もよろしくお願いします。  

/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/

【ましんつ~るまがじん】

■ご意見ご感想はこちらまで
send@jmtba.or.jp

\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\

ページ先頭へ

Copyright (c) 日本工作機械工業会 All rights reserved.