株式会社ブルームLMТ

日本と共に

工具計測
工具計測
ワーク計測
ワーク計測
事務所
事務所

 私共株式会社ブルームLMТ(エルエムテー)はドイツに本拠を置くBLUM-NOVOTESTグループの日本法人として1999年末名古屋市内に法人登記し2000年より実務を開始致しました。日本法人の設立当初はブルームレーザという言葉に代表されるように工作機械の機上で回転工具を回転した状態でレーザ光線を用い非接触で工具の寸法を管理する測定デバイスのエンジニアリングサービスが事業の主幹でしたが製品群も回転工具だけではなく旋削工具、ワークの測定デバイス及びその自由曲面形状を計測するソフトウエアに拡がってきております。

 昨年8月に名古屋市の北に位置する小牧市にショウルームを備えた自社社屋が完成しショウルームに設置されているマシニングセンタの実機上で製品のデモンストレーションを通じお客様に製品のパフォーマンスをその場で見ていただけるようになりました。

 今年2008年創業40周年を迎えるドイツでの事業は大きく三つの部門に分かれております。第一は測定デバイスコンポネント、第二はインライン測定機、そして第三が試験機部門となっております。日本法人は測定デバイスコンポネントの日本を含んだ、アジア全域のエンジニアリング、販売サポートセンターとしての役割をも担っております。2000年以降順次台湾、中国、シンガポール、韓国と拠点を設立整備し技術サービスを提供できるエンジニアを配置してきました。小牧市のショウルームは社員研修センターとしても活用しサポート技術力の向上も図れるようになり、名実共にアジアのセンターとしての役割を果たしていく体制を整えることができました。皆様方にも近くにお出かけの時には是非お立ち寄り下さい。

 私共の親会社があるドイツの南西部バーデンビッテンブルグ州は自動車、自動車部品、そして時計等に代表される精密機械工業の古くからの中心地でありそこに住む人々も勤勉、堅実だと言われております。さて一般に外資系企業というとある種の冷たさを伴ったイメージを持たれる方もいらっしゃるかもしれませんが、ブルームグループの創業者であるギュンター・ブルームは1968年に工作機械の設計、エンジニアリング会社を創設し1970年代初めより公私共々日本に訪れるようになり日本の種々の事情にも通じております。1987年に工作機械の機上加工域内でレーザ光線を用いたツールモニタリング装置を世界に先駆け実用化して以来、この装置が工作機械の標準周辺機器としての認知を受けるには世界のトップをいく工作機械産業を持つ日本での事業活動が不可欠であると認識していたものの、ドイツの片田舎にある小規模のメーカーが日本の地で事業を展開するということは日本の工作機械産業全体が持つ技術力、ユーザーの品質に関する考え方等日本の事情を知っているからこそ進出の決断には時間が必要でした。次男のアレキサンダー・ブルームに社長職を引き継いだ今も工作機械の技術者として年に数回は日本を訪れ工作機械メーカーの方々との交流を通じ技術動向の流れなどを実際に肌で感じ取っています。このたび私共が日工会の一員に加えていただけたことは創業者ギュンター・ブルームの口癖である「私達の会社はドイツと日本に基盤を持つ」という言葉の実現へ向け一つのステップを上がることができた証であると同時に私達日本法人社員の誇りでもあり、一同日工会の会員としてその名に恥じぬよう今後ともより一層の努力をして参りたいと思います。ご指導、ご鞭撻賜りますようよろしくお願い申し上げます。

ページ先頭へ

Copyright (c) 日本工作機械工業会 All rights reserved.