ましんつ~るまがじん~vol.23~

_/_/_/_/ I N D E X _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 ・今日のコラム………… 経済調査委員会とは?(第2回)

 ・統計更新情報………… 2011年8月分受注確報発表

 ・最新情報……………1.「工作機械需給動向金属工作機械統計資料(20
             11年1月~6月実績)」及び「2010年数値
             制御(NC)工作機械生産実績等調査」頒布開始

           2.(公社)精密工学会 主催 第349回講習会
             「精密計測・微細加工技術が切り拓く革新的モノ
             づくりの世界」開催のお知らせ

 ・編集後記(笹川)…… EMO2011まもなく開幕

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ 今日のコラム
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

○経済調査委員会とは?
 ~第2回 受注見通し策定~

今回は経済調査委員会で実施している受注見通し策定について説明いたします。

受注見通しの策定は、幹事で構成される「需要調査研究部会」と「海外動向調
査部会」の合同部会で行われています。年末までに翌年の受注見通し策定を行
い、必要に応じて年央に受注見通し修正の検討を行っています。

見通し結果は、経済調査委員会の策定結果を踏まえて、会長から発表されます。
年間の受注見通し発表を年始の賀詞交歓会と1月の月例記者会見で、修正見通
しを年央の月例記者会見で行うことが通例です。

2011年の当初受注見通しは、「1兆1,000億円」でしたが、足元の受
注状況を勘案し、見通しの修正を行い、8月の記者会見で「1兆3,000億
円前後」と上方修正しました。

市場環境の変化が非常に早い現下の状況ではありますが、正確な見通しを策定
できるよう取り組んでまいりたいと思います。

次回は、海外需要調査等についてご紹介いたします。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ 統計更新情報
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

○2011年8月分受注確報発表(2011年9月14日15時公表)

  【確報(8月分)概要】

         金額(百万円)  前月比    前年同月比

   受注総額   98,929      87.3     115.2

   うち内需   37,574     105.1     131.3
    一般機械  16,458      97.9     125.9
    自動車   12,839     119.4     168.2
    電気・精密  3,408      93.9      87.2

   うち外需   61,355      79.1     107.2
    アジア   31,973      75.1      86.6
    欧州    12,226      88.0     170.3
    北米    15,471      79.2     135.3

 
 ※ひとこと
  8月の受注確報を見ると、受注総額は8カ月ぶりに1千億円を下回りまし
  た。内訳を見ると、内需では自動車を中心に回復傾向が強まり、今後もそ
  の傾向が続くものと期待されます。一方外需では、中国が10カ月ぶりに
  200億円を下回るなど、アジアが23カ月ぶりに前年同期比マイナスと
  なりました。欧州、北米は季節要因等もあって共に減少していますが、後
  退局面というものではなく、これまでの傾向に変化は見られていません。
  総じて円高や中国の金融引締めの影響が徐々にうかがえる結果といえます
  が、今後の動向を注視していきたいと思います。

 注)日工会会員の方は会員ページより詳細データをご覧いただけます。
   http://www.jmtba.or.jp/cgi-bin/gate.cgi
   
   ※会員専用ページは日工会会員のみ閲覧可能なページです。

  
 注)日工会会員以外の方は、詳細情報を1週間後の9月21日にホームページに
   更新いたしますので、そちらをご確認いただくか、発表日当日15時より
   詳細データを日工会事務局事務所にて販売しております。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ 最新情報
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

-----------------------------------
1.「工作機械需給動向金属工作機械統計資料(2011年1月~6月実績)」
  「2010年数値制御(NC)工作機械生産実績等調査」頒布開始    
-----------------------------------

日工会では、この度
「工作機械需給動向金属工作機械統計資料(2011年1月~6月実績)」
「2010年数値制御(NC)工作機械生産実績等調査」
を作成し、頒布を開始します。

○工作機械需給動向金属工作機械統計資料(2011年1月~6月実績)

【内容】
受注、生産、輸出入の各種統計の2011年上期の結果を掲載しています。
それぞれの項目について、業種別、機種別、仕向け地別の細かいデータがあり、
下期を見通す上での参考資料として役立つことと思います。また、日工会が公
表している受注見通しについても掲載しております。

【価格】
 (日工会会員) 無料
 (一般)    3,700円(税込)/部

○2010年数値制御(NC)工作機械生産実績等調査

【内容】
当会で毎年実施している調査で、会員のNC工作機械生産高についての調査・
集計結果を掲載しています。2010年調査対象78社の生産機種や、機種
別、業種別、ユーザ規模別、販売形態別のデータや、2011年の生産計画
を掲載しているほか、受注統計などに無いレーザ加工機のデータがあること
も特徴です。

【価格】
 (日工会会員) 無料
 (一般)    3,700円(税込)/部

○購入方法
 1.インターネット
   日工会ホームページの「出版物」ページにある「購入する」をクリック
   し、必要事項をご記入の上、ご注文ください。
   
   http://www.jmtba.or.jp/05bookF_01.html

 2.FAX
   購入部数、会社名、部署名、氏名、電話番号、送付先等を明記の上、
   03-3434-3763までFAXしてください。

 3.事務所販売
   機械振興会館の当会事務所でも販売しております。

 ※書店等では販売しておりません。
 ※インターネット、FAXでのご注文の場合、送料をご負担いただきます。
 ※商品に請求書を同封いたしますので、商品到着後料金をお支払いください。
 ※納品書、領収書は通常発行しておりませんので、必要の場合はお知らせく
  ださい。   

○お問い合わせ
 調査企画部 高野、鈴木
 TEL:03-3434-3961

 

-----------------------------------
2.(公社)精密工学会 主催 第349回講習会「精密計測・微細加工技術
  が切り拓く革新的モノづくりの世界」開催のお知らせ
-----------------------------------

このたび、公益社団法人 精密工学会 主催により、講習会「精密計測・微細
加工技術が切り拓く革新的モノづくりの世界」が開催されますので、ご案内い
たします。

本講習会では、昨年、創立100年を迎えた日立グループが、今後のモノづく
り技術の進むべき路として、これまで、加工、計測分野で培われてきた精密工
学技術を基盤とする最先端の取組み事例についてご紹介いただく予定です。

本講習会へ参加ご希望の向きは
http://www.jspe.or.jp/event/koshukai/kaikoku/349.html
をご参照の上、申込み用専用URLからお申し込みください。

<講習会「精密計測・微細加工技術が切り拓く革新的モノづくりの世界」>
開催日時:2011年10月21日(金)10:25~17:00
会  場:(株)日立製作所 横浜研究所 南棟6階 第2会議室
     (横浜市戸塚区吉田町292)
参 加 費:会 員 20,000円(協賛団体会員を含む)
     非会員 30,000円
     ※会員・非会員とも講習会テキスト代含む。
定  員:60名(先着順)

 

■ 編 集 後 記 ━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………

○EMO2011まもなく開幕

技術部 笹川です。

 EMO Hannover 2011(欧州国際工作機械展示会)の開幕がいよいよ来週に迫
りました。今回の展示会は“More than Machine Tools“という、未来へのチ
ャレンジに向けたソリューションがテーマとなっています。

 各出展企業では既にホームページ上でEMOに関する情報を掲載しています
が、いくつか海外メーカのページを概観しますと、今回はSustainableやEnergy
efficiency等のテーマを前面に出している企業が多いと思われ、持続可能社会
の実現に向けた取り組みは、より一層強みを増している印象があります。

 今回、日工会会員企業からも36社が出展します。また、日工会のブースも
Hall 16 C12番にございますので、もし現地へ向かう予定がございましたら、
会員企業ブースと併せてお立ち寄りいただければ幸いです。

次回、Vol.24は9月28日(水)15:00頃に配信予定です。

毎度最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。
次号もよろしくお願いします。 

 

/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/

【ましんつ~るまがじん】

■ご意見ご感想はこちらまで
send@jmtba.or.jp

ページ先頭へ

Copyright (c) 日本工作機械工業会 All rights reserved.